2006年06月20日

Hello, Undercity. 2

こんなとこに住む魚なんて食べたくないです。

釣りをしながらで恐縮ですが、みなさんおはようございます。
早速拠点となるであろうこの町を練り歩いていこうと思います。

基本的に暗いです。

滅亡した人間達の王国の残骸の地下に築かれたUndercity。天井を見上げると時々光が差し込んでいます。

でっかい墓地とかじゃなくて本当に良かった。

街の構造としては、大きな防空壕といった感じ。もしくは地下鉄の駅。
要するに、大変迷いやすく広い街なんです。

殴られたら例えゾンビでも死ねそう。

獣が二本足で立ち上がったような人。
物凄く迫力があります。近づいて写真を撮るのはちょっと勇気がいりました。

がおー。

これこそ正に「獣が二本足で立った」ような生き物ですが、旅人ではなさそうです。言葉を発していましたから、おそらく何がしかの方法で姿を変えた人なんでしょう。

この世界には姿を獣に変えて戦う魔法使いがいるそうです。

「デビル!」って感じですよね。

非常にかっこいいです。背が高かったです。

色々な人がいますが、全員化け物ですね。
これには大きな理由がありますが、それはまたいずれお話ししようと思います。
posted by Bhooo at 05:52| wold of warcraft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。