2006年06月15日

about Undercity

僕はこのゲームでゾンビのキャラクターを使っています。
身に着けたものは全て(例えばそれはベルトですらも)グラフィックに反映されますが、やっぱりそれでもゾンビなわけです。

ゾンビファンタジー。

ここはゾンビ達の国らしく、やはり道中で出会うプレイヤーは全員ゾンビでした。魔法使いのゾンビは、エンジニア(この世界で言う「機械を作る人」)を目指しているのだとか。「もうバクダンは作れるんだぜ、見たいかい?」と、ゴキゲンないい奴でした。
この世界には「機械の国」という技術が大変発達した国があるのだとか。
いつか行ってみたいですね。

別れ際、魔法使いゾンビからパンと飲み物をたくさん頂いて、これを食べながら、この国の首都「Undercity」を目指そうと思います。

地図と立て札を見つめながら。

ああそれと、

水中は無音。

水中戦は敵に狙いを定めにくいのでニガテです。

ゾンビは普通の生物よりも呼吸が必要ないので、長時間水中にいる事が可能なのだそうです。
posted by Bhooo at 03:05| wold of warcraft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。